バイオメカニクス製品Optima
OPTIMAの特許
AMTIは正確な力測定を実現するため業界トップの校正を提供し続けており、OPTIMAおよびOPTIMA-Lフォースプレート製品群は業界規格に対し検証済みです。
ASTM F3109-16規格
OPTIMA HPSまたは OPTIMA L製品を表示
titlebar
AMTIによるフォースプレート基準の設定
AMTIは、ASTMの国際的な (「多軸力測定プラットフォームの検証のための標準試験法)」に適合している世界初の多軸フォースプレートメーカーです。 AMTIの特許取得済OPTIMAおよびOPTIMA-Lフォースプレート製品群は、この検証プロセスに従い、校正と性能の正確性と一貫性を確認します。AMTIによる業界最高水準の校正は、仕事面全体にわたって最高水準の精度を保証するほか、最新の規格にも適合しています。
Optima Gallery
Optima photos to the left
Optima
Optima photos to the right

titlebar
規格の特長:ASTM 3109-16:
  • 歩行、重心動揺、その他の活動における床反力の測定に一般的に用いられる多軸フォースプラットフォームの性能検証の手順を規定しています。
  • メーカーが定めた空間的な仕事面と指定した力作用範囲における、実際に作用する力とフォースプラットフォームからの出力信号の関係を定量評価する方法を提供します。
  • 多軸力測定プラットフォームの動作の定量評価に必要な必須パラメータの定義とパラメータ測定法を提供します。
  • プラットフォームの仕事面の離散空間的間隔と離散力レベルにおいて、フォースプラットフォームの空間的に分布されたエラーと絶対測定性能を定量評価する方法を提示します。
  • さらに、特定の重要パラメータ、特にCOP(足圧中心)およびフォースプラットフォームの仕事面の空間的間隔と力レベルでの当該パラメータの測定性能を定量評価・報告する方法を規定しています。
  • フォースプラットフォームの性能を特徴付けるのに適した報告書の要件を規定しています。また、メーカーまたは校正施設が当該プラットフォームのユーザーに配布する追跡可能な文書を提供します。
  • 多軸フォースプラットフォームの検証を目的として記載されていますが、その方法と手順は、メーカーによるフォースプラットフォームの校正に適用できます。

ASTM F3109-16は、フォースプレートの検証で世界をリードする規格です。ユーザーにとってフォースプレートの検証は不可欠なものであり、測定品質を確実にするものです。人間の運動能力に関する研究や歩行解析の用途において、外科医や医師、理学療法士はフォースプレートから得られたデータに基づき医療上の判断を下すことができます。


Optima Precision Calibration(オプティマ精度校正)

ASTM F3109は「歩行、重心動揺、その他の運動における床反力の測定に一般的に用いられる多軸フォースプラットフォームの性能検証の手順を規定」しています。